【重要】東京商工会議所 企画6検定試験のWeb試験化について

2021.03.16

東京商工会議所は、当所企画6検定の試験方式をすべて従来のPBT(Paper Based Test・紙試験)からIBT(Internet Based Test・インターネット経由で行う試験)に一新します。

 当所企画6検定試験は、これまで全国統一日に年2回、会場集合型で実施してまいりました。
 実用的な知識を習得でき、ビジネスの現場で役立つ「活きた知識」が得られることや、近年再認識されているリカレント(学び直し)によるスキル・知識のアップデートの必要性を踏まえ、多くの企業や学校の人材育成ツールとして活用されています(年間受験者数は6検定合計で約13万人)。

 しかし2020年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大等により上期試験が中止となり、受験者が受験機会を喪失することとなりました。そこで感染症や自然災害による試験中止の可能性がなく、安定的な受験機会を提供することを目的に、期間内であれば受験日時や場所を受験者が自由に選択できるIBT試験に一新いたします。
 これに伴い、業務の都合や学習の到達度に合わせ、受験が可能となるため、受験者のみならず企業・教育機関にとっても同検定活用の利便性向上が期待できます。

※対象検定
・カラーコーディネーター検定試験(アドバンスクラス・スタンダードクラス)
・ビジネス実務法務検定試験(2・3級)
・福祉住環境コーディネーター検定試験(2・3級)
・BATIC(国際会計検定)
・環境社会検定試験(eco検定)
・ビジネスマネジャー検定試験
※ビジネス実務法務検定試験1級、福祉住環境コーディネーター検定試験1級は2022年度よりIBTに移行予定。

詳しくはこちらをご覧ください



  • バナー-GoToEatキャンペーンおきなわ-
  • バナー-ポリテクセンター沖縄-
  • バナー-リマープロ-
  • バナー-sample01-大央ハウジング
  • バナー大-01-
  • バナー大-02-
入会案内 TOPへ